ABKN SET JAPAN TOUR 2013

021013_abknset

 

2013年2月10日(SUN)

Presented By nu things

Supported By -:concep:-

 

 

LIVE:
AOKI takamasa (raster-notoncommmonsop-disc)
AOKI-takamasa-400
1976年大阪府出身。現在は大阪在住。
Born in Osaka, 1976. Presently living in Osaka.
RHYTHM + PHOTOGRAPHY

Bun / Fumitake Tamura (Tamura/Commmons)
プリント
東京生まれ。
2011年 アルバム 「BIRD」をリリース。
ザラついた音の質感を綿密に構成し、様々な音楽を横断していくアーティスト。
Hip Hop, Electronics, Dub, Jazz, Drone, Ambient 等、様々な音楽の要素を、オーケストラの
楽器に置き換えて、指揮をしている様な音楽を創り出す。

アメリカ西海岸LAでの活動や、国内ではクリエイティビティーを第一に高く掲げたレーベル
“TAMURA”を自身で設立、アート性の高い実験的で挑戦的な作品を発信している。

2012年、アルバム “BIRD” が、L.A主要アーティストのマスタリングを手がけるDaddy Kevにより
リマスタリングされ、Alpha pupより、世界に向けてにワールドワイドリリースされた。
2012年4月には SonarSound Tokyoへ出演し、2012年5月には、L.AのDublabでのLive、
またL.Aの伝説的パーティー Low End Theoryへの出演を果たした。

http://www.fumitaketamura.com
http://soundcloud.com/bun

NHK (Koyxeи Matsunaga) (PANSkamraster-noton)
nhk yx koyxen_mono
born in osaka. live in mainly Osaka and Berlin, drawing by pen.
bleep’n dub cuts electro beats and soundings.
Selekted discography:
1998 Upside down Mille Plateaux / de
2006 Sensational meets Kouhei Wordsound Recordings / usa
2008 NHK 111 Raster Noton / de
2010 Self V.A Important Records / usa
2011 NHK yx 1ch aka solo SKAM Records / uk
2012 Dance Classics vol.i & ii PAN Records / de

2002年 レーベル Flying Swimmingを設立

Kyoka (raster-notononpa))))))
kyoka
2012年にドイツのraster-notonより、レーベル初の女性ソロアーティストとなる作品「iSH」をリリース。
これまでに坂本龍一等との Stop Rokkasho 企画、及び、chain music Nobuko HoriとのユニットGroopies、Minutemen/The Stooges のマイク・ワットとのプロジェクト、onpa)))))レーベルから3枚のソロアルバムなど、
ヨーロッパを中心に活躍してきたKyoka。ポップと実験要素がカオティックに融合された大胆かつ繊細なサウンドは、
これまでも世界の多くの人を魅了してきた。 2012年4月にはSonar Sound Tokyoに出演、6月にはパリのセレクト
ショップcoletteのコンピレーションに楽曲「ybeybe (ybayba editon)」を提供。現在、フルアルバム制作中。
「どういう音楽を聴いてきたら、こういうものを作る女性になっちゃうんだろう?」 坂本龍一

Yuki Aoe

Sound Creator / Live Player
音によるさまざまな表現をメディアに発表
Roland 社主催のコンテストではインストゥルメントの楽曲としては初の賞を受賞 関西国際空港で自身の楽曲が流れる事になる 2003 年にエレクトロニクス作品として「SOUNDS FROM JAPAN」をロンドン市内限定で販売 レーベルのコンピレーションアルバムにも楽曲を提供しながら現在はライヴをメインに活動している イヴェント -:concep:- 主催

Seiho (Day Tripeer Records+MUS, Sugar’s Campaign)

1987年生。ビートメイカー、DJ、VJ と音楽や映像など媒体の垣根を越え表現をし続けるマルチアーティスト。
既に各地で話題となっている注目の新レーベルDay Tripper Recordsを立ち上げ、1st album「MERCURY」を発表。
最先端電子音楽を発信するネットレーベル「+MUS」からもEPを発表するなど活動は現場、ネットに限らない。
天才的な楽曲センスでHip Hopからポスト・ダブステップ、チル、音響系等あらゆるビートを駆使しながら畳み掛ける彼のLIVEは必見。
”今”の音を刻む数少ないアーティストの1人。SonarSound Tokyo 2012にも出演し要注目のアーティストである。

death flamingo into the memai

2011年結成、ryo takadaとyuta inoueによって結成された電子音楽ユニット。
不器用ながら持ち前のハードコア魂とドイツ的クールさで禁欲的に活動中
なぜか心地よい壊れたビートと、これでもかとマヌケなシンセサイザーでポストダブステップ、ポストクラシカル、シューゲイザー、フォークなど様々な音楽を独自の解釈でポップに消化する。
それはまさに「中二病にかかったコーネリアス」

Visual:
Kezzardrix

関西在住のアーティスト。自作ソフトウェアを駆使したインタラクティブな映像と音楽、モバイルデバイスを用いたパフォーマンス等を京都、大阪を中心に行う。VJとしては、関西のクラブを中心に活動しながら、Zettai-mu Springup2011やtaico club、REPUBLIC等の大規模フェスや、八王子で行われたプロジェクションマッピングイベント「Projected Scape」等にも出演。出演アーティスト毎に新規でソフトウェアを開発するスタイルで、国内外問わず様々なアーティストのVJを担当。2012年からオーディオビジュアルユニット「SjQ++」の映像メンバーとしての活動をスタート。また、現代美術やメディアアートの作家の舞台やインスタレーション、広告企業のデジタルサイネージ、キャンペーン、iOSアプリ、webサイト等におけるインタラクティブな仕掛けのサポートプログラマとして多岐に渡る活動をしている。MV制作も手がけ、DUB-RussellやGo-qualia、Perfume golbal site project等での作品が話題を呼んだ。自身のインタラクティブ作品は文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品や学生CGコンテスト優秀賞、ADAA等に入選している。

Paravora

ハシモトシンゴ(paravora)
大阪を拠点とし、映像の発信=受信する事を目的に2004年より活動を開始。
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら、
自治会の上映会から子供向けのワークショップなど幅広く活動する
主な作品、活動としては
2007年、OOIOO/OOHOHOO-OOIOO MUSIC VIDEOS’99~’07のEYE(BOREDOMS)MIXでのCG制作。
2009年、劇団子供鉅人公演「IN THE BLACK」の映像演出。
2010年、柴田剛監督作品 映画「堀川中立売」のCG制作。
2011年には、大阪の寺田町にて地域で興すフェス「ateler teradacho fes 2011」の主催。
大阪、西本町Wag Art Cubeで行われた「OVERDUE exhibition」映像展示など、積極的に活動を広げる。
2012年、維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ」の宣伝映像を制作。イケグチタカヨシと共にnu thingsにて[ translation ]を主宰し、映像と音の新たな可能性を探る。

Installation:
前谷康太郎
ヴィデオ アーティスト
1984年和歌山県生まれ、2008年東京外国語大学、2010年IMI/総合映像大学卒。京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程在籍中。
自然の太陽光から人工の電飾看板に至るまで、日常のさまざまな光をサンプリングし、それらを再構成したビデオ・インスタレーションと写真作品を主に発表している。情緒的な要素を排除し、時間や記憶、光と闇、存在と不在など対照的な概念を、よりミニマムなイメージへと深化させていく。
近年の展覧会は、「(non) existence」(梅香堂・2011)、「medias connection vol.2」(此花メヂア・2011)、「前谷康太郎展 parallel」(CAS・2012)、「文化の森ギャラリー 2012」(美濃加茂市民ミュージアム・2012)、「ALA 現代の表現1(前期) 前谷康太郎」(アートラボあいち・2012)、「HANARART 2012」(大和郡山市旧川本邸・2012)、「distance」(梅香堂,2012)、「स”सार samsaara (輪廻転生)」(應典院コモンズフェスタ2013)など。

PA:
和田真也

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s