Crossover Two Patterns Tour 2014 (in Osaka)

      -:concep:- & IdleMoments presents

Crossover Two Patterns Tour 2014 (in Osaka)

3・2 (SUN) in ACDC;Gallery. (Train Station: Honmachi No,23 Out , Osaka.)

 7082ff77525581031f98e014cf1929fd-571x1200

-INTRODUCTION-

UK・シェフィールド出身のMark Fellは、Edition Mego、Raster-Noton、Lineから多くの作品をリリースし、Mat SteelとのユニットSNDとしても活動するアーティストだ。実験性を兼ね備えたミニマルなグリッチ音は幾何学的に配列され、きめ細やかに制作されるそのサウンはユニークかつ独自性の強い作品として知られている。
また、Edition Megoの傘下レーベルでもあるSensate Focus名義では、クラシックなグルーヴを現代色で仕立て上げたハウスサウンドを展開している。
大阪、ベルリンを行き来し、昨年の活動ではNYのMoMAでの公演を初めWorld WideなTourを行った、電子音楽家Kouhei MatsunagaことNHK yx Koyxenと揃って登場する今回のツアーで、Fellはソロ名義とSensate Focus名義を使い分けてプレイする予定となっている。

3月2日大阪公演ではSensate FocusとNHK yx Koyxenの出演に加え、多数のゲストアーティストが参加。
3枚目となるソロCDアルバム “post punk” を2014年1月23日にリリースしたばかりの気鋭の電子音楽家shotahirama、”10 LABEL”主宰、SKIRT、SAWF、HOUND SCALES、SVRECA、JIMMY EDGARといった海外気鋭アーティストのリミックスを手掛け国内外にて人気を博すDUCEREY ADA NEXINO 、待望の2nd Full Album”Until then”、Digital EP、”4 frames of the horizon”、をそれぞれmoph records、+MUSよりリリースしたlycoriscorisを招待。
また、2013年WWWにて披露された池田亮司『supercodex』公演のオープニングアクトを務めたことも記憶に新しいMadegg、INNIT主宰であり最新のハウスミュージックを追求するAnd Vice Versa、Day Tripperよりデビューアルバム”Aqonis”をリリースますます勢いづくEadonmmは今回exclusive setでのライブとなる。エクスペリメントなダンスミュージックを追求する不定型ユニットhyAhar、今回は同名のレーベルである”hyAhar”より代表としてYuki AoeとIsolate LineのSetでの参加が決定している。

そして空間演出としてKEN Furudateとparavoraにより、会場であるギャラリーという特性を生かしたVisual Installationを披露する予定。
音響には前回の「SND,NHK Japan Tour」でも大阪を担当したサウンド・システムを強化した形での参加。

Sensate Focusを中心に、国内外で活躍する最先鋭のアーティストが集結するスペシャルな一日となりそうだ。

OFFICIAL

http://nhkweb.info/MarkFell_SensateFocus_Japan2014.htm

Higher-Frequency

http://www.higher-frequency.com/news/7069

RA [Resident Advisor]

http://jp.residentadvisor.net/news.aspx?id=22464

eleking

http://www.ele-king.net/news/003623/

Public Rhytms

http://publicrhythm.com/6043

peak silence

http://www.peaksilence.com/2014/02/08/mark-fell-sensate-focus-nhk-yx-koyxen-japan-tour/

Qetic

http://www.qetic.jp/music/nhk-mark-fell-142021/110440/

SOUND ACT-

mark-fell_no__7100

Sensate Focus [SND/Mark Fell ](Edition Mego/PAN)

UKのシェフィールド出身。Edition Mego、raster-noton, lineから多く作品をリリースし、Mat SteelとのユニットSNDとしても活動するアーティスト。 実験性を兼ね備えたミニマルなグリッチ音できめ細やかに制作されるサウンドはユニークかつ独自性の強い作品として有名。 2012年にはソロ名義とSND名義で来日公演を行い鮮烈な印象を残す。

Alva Noto, Ryoji Ikeda, Taylor Deupreeなどと並ぶサウンド・アートの先駆者。 「Edition Mego」傘下のダンス・レーベルでもある“Sensate Focus”名義では、 クラシックなハウスグルーヴを元に現代色で仕立て上げたライブアクトで、彼独自の感性と解釈が交差する透明度のある爽快で清涼なハウスサウンドを披露してくれる。

NHK yx Koyxen (PAN/Raster-Noton/Skam Records)

nhkkoyxen

大阪出身のサウンドアーティスト、Kouhei Matunagaの別名儀。現在、大阪とベルリンを拠点に活動中。

PAN、ラスター ノートン、SKAM/ラフ トレード、ワードサウンド、インポータントレコード等の海外レーベルから作品を発表し, 近年は毎年40回を超える海外公演を行う他、ペン画のインスタレーションや個展等を開催している。

テクノ、ブレイクビーツ、ダブ、グライム等をクロスオーバーした即興的で歪なポリリズムパターンを駆使したライブセット展開するNHK yx Koyxenは、海外で非常に高い評価を得ており、2013年に現代美術の金字塔MoMAがキュレートし毎年NY行われているPS1 Warm Upに日本人初の出演を果たした。2014年、FANGより7inch vinylが付属された画集「DRAWING」を発表。

shotahirama

shotahirama (signaldada)

ニューヨーク出身の音楽家、shotahirama(平間翔太)。

2011年のデビューCDアルバム以降「ノイズ、具体音が曲想的な音楽に」(Sound&Recording誌 11年5月号)「ドラスティックに引き裂かれる時間と空間」(音楽家 evala /port, ATAK)「繰り返し聴いて徐々に染み込む良さ」(音楽家 Ametsub)「身震いする作品」(ウェブマガジンQetic)さらにはCDJournal、The Japan Times、Art World Magazine等、様々な雑誌・メディアにて高い評価を得る。

2010年に音楽レーベルとして原盤の企画制作及び音楽出版等の事業を展開する SIGNALDADA を設立、これまでに3枚のソロCDアルバムと1枚のシングルを発表。

また、世界的音楽家であるKangding Ray、Atom™、Ikue Mori等のジャパンツアーにゲストアクトで出演、そのライブパフォーマンスの評価も高く今最も注目すべき新鋭音響家と評されている。

YUJIKONDO_DUCEREYADANEXINO_FRONT_525x700

DUCEREY ADA NEXINO AKA  YUJI KONDO (10 LABEL / PERC TRAX / GENESA / SEMANTICA)

JUNO PLUS UK において「日本の巨獣」と評される。

自身が主宰する < 10 LABEL > では、MATTHEW HERBERT、PERC、ANCIENT METHODS、ANNE-JAMES CHATON、SAWLIN、DALHOUSらを召喚。KATSUNORI SAWAとのプロジェクト < STEVEN PORTER > としても、その斬新かつ鋭い切り口が国内外問わず注目されるなか、DE:BUG MAGAZINEにおいて「マスターピース」と異例の高評価を得ている。

現在まで数多くのプロダクションと関わっており、SKIRT、SAWF、HOUND SCALES、SVRECA、JIMMY EDGARといった海外気鋭アーティストのリミックスワークも頻繁である。

WWW.YUJIKONDO.COM

1452036_629838307062463_556705582_n

lycoriscoris (moph records/+MUS/PROGRESSIVE FOrM)

東京を中心に活動する音楽家。

幼少の頃より楽器に触れて育ち、 バンド活動を経て2009年頃より本格的に電子音楽の制作を始める。

2011年11月、1stアルバム「from beyond the horizon」をリリース。

これまでに「DOMMUNE」や、涼音堂主催「渋響」、分解系主催「OUT OF DOTS 2012-2013」、TokyoMaxUsersGroup主催「ProjectedScape」、「sonorium」、「2.5D」、リキッドルームで行なわれた電子音楽の祭典「EMAF 2013」などに出演し、2012年8月には上海などの5カ所を巡る中国ツアーを行なう。

ソロセットやバンドセット、ピアノソロなど様々な形態でライブを行い、 バンドセットでは同期させた数台のコンピューターと生楽器のインプロゼーションを中心に演奏を行なう。

2013年12月12日、待望の2nd Full Album「Until then」、Digital EP、「4 frames of the horizon」、共作曲を収録したPawnのアルバム「Portrait Re:Sketch」がmoph records、+MUS、PROGRESSIVE FOrMの3レーベルよりそれぞれ同日リリース。

http://lycoriscoris.com

M7-1024x624

MADEGG (flau / Bunkai-KeiDay Tripper Records)

京都在住、平成4年生まれ。16歳より制作を開始。2012年flauより1st Album “Tempera” をTシャツというフォーマットでリリース。 サウンドスケープビートとも言える世界観により、日本だけでなく英米の主要音楽メディアに取り上げられ高い評価を得る。 その年の国内ビッグイベントに多数出演し、Clark、Mount Kimbie、Teebs、School Of Seven Bells、ITALらと共演。 2013年、最年少でSonarSound Tokyo、Taste Of Sonar Osaka 両日に出演、4月27日には2nd full Album “Kiko” をDayTripper Recordsよりリリースしている。

and-vice-versa

And Vice Versa (INNIT/Day Tripper Records)

大阪在住の宅録ミュージシャン、ビートメイカーであるクボマサユキのソロプロジェクト。oldschool hiphop、house、futuregarage、indie rockなど様々なジャンルを横断しつつも、メランコリックなコードワークや自身のヴォーカルサンプル等をブレンドした音世界が特徴。2010年7月には米、カリフォルニアのレーベルSomething Americaにて Magical MistakesとのスプリットEPをリリース、 同年9月にはRefrain Recordsより1stフルアルバム[still beautiful]をリリースしている。更に野外フェス[Sense Of Wonder 2011]にもChaplin productionとして出演。そして2012年4月に、Seiho主宰の「Day Tripper Rercords」より、アルバム「E.Tender」をリリースしている。

http://innitmusic.com/

http://soundcloud.com/avva

 

 

10264905_648327615248159_1792659936_n

Eadonmm (IdleMoments/Day Tripper Records)

 

関西を拠点に活動するトラックメイカー/プロデューサー。主にTriAngleレーベルやChill Wave,Witch House周辺のアーティストに影響を受け、本来持っている実験的な志向と合わし独自の音楽を追求。陰鬱で神秘的な世界観はシーンの中で一際異彩を放っている。
2012年、Day Tripper Recordsより初のカセットテープ作品『Anne』をリリース。また、SonarSound Tokyo2013,Out Of Dots,KAIKOO OSAKAといった国内主要イベントに出演。
さらに、今や関西を代表するパーティー”IdleMoments”の主宰者として、これまで数多くの国内外アーティストを招待。イベントを通じコミュニティやアーティストを繋げるオーガナイザーとしての側面も持つ。2014年1月29日、Day Tripperより1st full album『Aqonis』(DTR-011)をリリース。

 

hyahar..AI3

hyAhar (Yuki Aoe ,Isolate Line Set)

エクスペリメントなダンスミュージックを追求する不定型ユニット。

特定のメンバーを持たず、流動的であるが故に形に捉われないライヴサウンドを発信する。

今回は同名のレーベルである”hyAhar”より代表としてYuki AoeとIsolate LineのSetでの参加。

 

Visual Installation-

kenfurudate-223x300

KEN Furudate

アーティスト、エンジニア。2000年頃からVJ、ミュージシャンとして活動。コンピュータープログラミングをベースに、映像、音響、エレクトロニクスなど、様々な領域にまたがった作品制作を行う。

また、他アーティストのインスタレーション、舞台作品などへのコラボレーター、アシスタントとしての参加多数。

 

d98d2329b80808d55e64a82af9fd0eca-300x200

PARABARA

関西を拠点に様々なVJや映像制作を行う
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら
自治会の上映会から子供向けワークショップなど幅広く活動する

2007年「OOIOO/OOHOHOO-OOIOO MUSIC VIDEOS」 EYE(BOREDOMS)MIX CG制作
2009年 劇団子供鉅人公演「IN THE BLACK」映像演出
2010年 柴田剛監督作品 映画「堀川中立売」CG制作
2011年「OVERDUE exhibition」インスタレーション展示
2012年 維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ」宣伝映像制作

大阪寺田町で行われる。地域で興すフェス
「atelier teradacho festival」の主催に参加するなど活動を拡げる

SOUND SYSTEM-

WADA SHINYA

FOOD-

YAMANEKO Curry

a proposal-

Yuki Aoe

is Sound(DANCE) Exibition. and Installation.

 

logo-1

http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1403574&rlsCd=001

SUPPORTED BY 

スクリーンショット 2014-01-11 3.17.14logo

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s